紙折機(紙折り機)|デュプロフォルダー DF-980

機能・性能 紹介動画

DF-980の特徴

DF-980は、さらなる処理スピードの向上と対応用紙サイズの拡張、そして、重送検知機能の標準装備や消費電力の低減などによってパフォーマンスが大きく進化。
ビジネスに求められるDM、連絡文書、図面などの紙折り作業をより快適に変えていきます。

用紙サイズはA3ノビ相当〜A7まで対応。

印刷関連業界にて用途の多いA3ノビ相当に対応し、最大用紙サイズは幅311mmX長さ457mmまで処理可能です。
一方、最小の用紙サイズは幅74mmX長さ105mmのA7に対応して、席次用の二つ折カードや二つ折り名刺などの加工も可能になりました。

重送検知機能を標準搭載。新機能

重送検知機能により、重要書類(請求書や宛名記載書類)が重なって処理される問題を解消し、帳票類など薄紙を紙送りする時も、用紙が2枚同時に折り重なってしまうことを防ぎます。長さ250mm以上の用紙で重送の検出が可能です。

最大処理スピード242枚/分

正確でスピーディーな給紙を実現。A4縦通し二つ折り時で、最大242枚/分の折作業が可能です。

クラストップレベルの静粛性

用紙サイズや折り型の変更にともなうストッパ類の移動音や、用紙の衝突音などもきわめて小さくなりました。作業中でも快適なオフィス機能を維持します。

大型LCDパネルで簡単操作

大型LCDパネルを見やすい位置に配置して、使い勝手がより一層向上しました。
処理時の内容や設定方法を分かり易く表示し、ユーザーの操作性を向上。シンプルなデザインなので、誰でも簡単に設定が可能で、特殊折り等の設定も迷わず行えます。

多彩な折りパターンをラクラク自動設定<標準折り型>

使用頻度の高い折り型をすべて揃えています。しかも、折り型を選択してスタートキーを押すだけのカンタン操作です。

*クロス折り、変形折りは、紙質・用紙サイズ・処理速度に制限があります。
*●は、A4・B5用紙専用手差しキットにも対応した折り型となります。

地球環境への配慮が行き届いた設計

運転時の消費電力を従来機の95Wから88Wに、待機電力を17Wから9.7Wに抑えました。さらに、バックライトを一時的に消す省エネ設定機能を装備。

A4・A5用紙専用手差しキット(オプション)

操作パネルのボタンで折り型を選択して用紙を給紙口から挿入するだけです。最大で3枚までの束ね折りが可能です。綴じてあるドキュメントもOKです。


製品仕様

名称 デュプロフォルダー DF-980
型式 卓上型
用紙サイズ 幅:74〜311o
長さ方向:105〜457.2o
※128(幅)×182(長さ)未満は2つ折のみ(対応用紙坪量64〜81.4g/m²)
紙質 上質紙:52〜157g/m²、
更紙、孔版紙、再生紙、特定のアートコート紙
折り型 二つ折り、四つ折り、片袖折、内三つ折り、外三つ折り、観音折り、特定のクロス折、その他変形折り
※紙質、用紙サイズによって折り形に制限あり
用紙積載量 46mm(上質64g/m² 500枚相当)
処理スピード 最大242枚/分(A4縦通し 上質81.4g/m²二つ折り時)
カウンタ 加算減算方式
給紙方式 3連リング フリクション給紙
給紙板昇降 自動昇降
付加機能 重送検知機能※用紙制限長さ250mm以上、テスト折り、定型折り補正登録(36通り)、用紙全長入力折りモード、折りストッパ固定機能、リフォールド機能、排紙インターバル機能(区分け)、厚紙対応モード、薄紙対応モード、液晶表示省エネ設定機能、電源切り忘れ警報機能、強制排紙機能、折込板内強制排紙機能
特殊折り登録数 20通り
用紙自動サイズ検知 A3、B4、A4、B5、A5、B6
オプション DF手差しキット、給紙補助ガイドユニット
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 消費電力88W、待機時 9.7W、省エネモード時 9.2W
大きさ 単体使用時:1,046(W)×512(D)×494(H)mm
単体収納時:665(W)×512(D)×494(H)mm
質量 42s(本体+第一+第二折込板、付属品除く)

製品の仕様・外観は改良のため予告無く変更する場合があります。

Back to Top