Functions

標準折り型(フォルダ DF-1200/DF-980/DF-970/DF-920/DF-910/DF-755)

使用頻度の高い折り型をすべて揃えています。しかも、折り型を選択してスタートキーを押すだけのカンタン操作です。

DF-1000は、クロス折り・観音折りには対応しておりません。
●は、A4・B5用紙専用手差しキットにも対応した折り型となります。

巻折り(フォルダ DF-960)

DF-960は巻折り専用機となります。

折り型

4〜6回折を選択可能です。

カッタークリーサー DC-646

1原稿あたり最大6スリット、15カット、10クリースを自由に組み合わせ可能

製作物の間に発生するドブ断ち片を自動的に除去

ドブ断ち片は、自動的にゴミ箱に除去。 排紙トレイには制作物のみが出力されます。除去可能なドブ断ち片は、カットで4〜84.9mm、スリットで5〜15mmです。

80種類のジョブプログラムを本体内にメモリー登録可能

メモリー登録は、付属のソフトウェアをインストールしたパソコン、もしくは操作パネルから行います。付属のソフトウェアを使用する場合は、処理内容をグラフィック上で確認しながら画面の指示に従ってプログラム入力するだけ。また、ジョブプログラムは、パソコン内に保存して、使用時に本体に送信することもできます。

シンプル操作で完成度の高い仕上がりを実現するCCDバーコードリーダ

レジストレーション(クロップ)マークの読み取りによる印刷位置ズレ補正原稿の指定位置にレジストレーション(クロップ)マークをつけておけば、CCD バーコードリーダが読み取り、一枚ごとの印刷位置のズレを検知して自動補正。デジタルプリントにつきものの印刷位置のばらつきをなくして、均一な仕上がりをお約束します。

バーコードの読み取りによるジョブ呼び出し

ジョブ番号をバーコード化して原稿の指定位置につけておけば、CCDバーコードリーダが読み取り、登録されたジョブ番号を自動的に呼び出して処理を開始します。操作は原稿をセットしてスタートボタンを押すだけ。 同時に複数種類の原稿を載せて、その場を離れることも可能です。

環境保全に貢献する使い方(デュープリンター/デュースリッターDS-416・2)

デュプロの製品は、資源とエネルギーの有効利用を推進します。たとえば、A4サイズのプリントが100枚必要な場合、デュープリンターの多面印刷機能を使ってA3サイズの用紙に2面取りで印刷。そして、デュースリッターDS-416・2で断裁して仕上げることで、用紙と電力の消費が抑えられます。

Back to Top