オートサバキユニット

折込広告丁合機|LED棚ユニット

サバキ圧を自動で調整するオートサバキユニットを開発致しました。折込広告丁合機の操作に不慣れな方でも適正と判断したサバキ圧に自動で調整してくれます。又、トリプルサバキ機構を標準装備しているため、煩わしいサバキ交換作業が不要になりました。

製品仕様

商品名 オートサバキユニット(標準棚のみ)
棚構成 折り棚以外全段装着可能
※再丁合棚のオートサバキユニットは設定されておりません。
サバキ圧
調整方式
自動及び手動
 自動:モータ駆動式(給紙状況により調整を行う)、有効/無効選択可能
 手動:ダイヤル式 (無段階調整・リミッター機能有り)
サバキ圧
自動調整機能
・初期調整
 広告を1部給紙し、検出した広告厚みとサバキの種類より、適正と判断したサバキ圧へと調整される。
※サバキの種類、装備した位置を予めメインパネルで設定しておく必要あり
・給紙異常検出時に自動調整を行う。
・用紙積載量変化に応じて自動調整を行う。
サバキスライド機構 3種類のサバキを装備可能(1種類は標準装備)
用紙積載量 ・900枚(257×364 上質55kg横送り)
※オートサバキユニットが装着されている下段の用紙積載量
・標準棚の場合:750枚、再丁合棚の場合:850枚
用紙サイズ 100x182(mm)〜297x420(mm)横送り
用紙形態 (厚さ) ・シート物〜四つ折り、冊子物(密着厚さ1.5mmまで)
・丁合物(密着厚さ1.0mmまで)
※但し、印刷状況、用紙形態(横開きなど)により給紙不可の用紙あり
重送検知機能 ・超音波検知及び厚み検知
※テスト給紙、またはサバキ圧初期調整実施時に用紙厚みに応じて自動選択
・重送検知機能有効/無効選択可能
・超音波検知/厚み検知の手動選択可能
・紙質:更紙、中質紙、再生紙、上質紙、上質孔版紙、コート紙、アート紙
※超音波検知は連量:36g/u〜256g/uまで
※ラミネートなどのコーティングされた紙は仕様外とする。
処理速度 1〜7速まで
※7速設定時はオートサバキユニットのみ一時停止動作を行わない。
付加機能 ・テスト給紙機能
・連鎖検知レベル設定
・厚み検知レベル設定
・重送検知方式自動切り替え設定
・LED標準装備
機械質量 オートサバキユニット単体:9.6kg
装着可能機種 EP-VVシリーズ(EP-110VVは除く)、DM-VViシリーズ

※製品の仕様及び外観は、改良のため予告なく変更することがあります。

Back to Top