デジタル印刷機の仕組み

デジタル印刷機とコピー機の違い

デジタル印刷機は、文字や写真などからなる原稿をもとにつくった「版」にインクをつけ、これを紙に移して多数の複製をつくる機器です。一方、「版」をつくらずに原稿通りに写し取る機器をコピー(複写)機といいます。デジタル印刷機は、見た目はコピー機と似ているので、同種のものと思われがちですが、しくみや消耗品が異なります。版から複製をつくるので高速印刷が可能。しかも、コピー機のようにヒーターを用いた熱転写も不要なので省エネルギーです。

デジタル印刷機

デジタル印刷機

原稿をスキャナで読み取った絵柄、もしくはパソコンから送られた原稿データから、マスターに孔を空けて版をつくります(製版)。この版をドラムに巻きつけてインクを塗り、プレスローラーで押えて紙に転写します。

コピー機

コピー機

原稿をスキャナで読み取り、その絵柄に合わせて感光体にトナーを付着させて紙に転写します。そして、ヒーターで熱してローラーで圧力をかけることで、トナーを紙に定着させます。

Back to Top